理想のブラジャーに出会えた!着けていて気持ちのいい下着

出会えた理想のブラは「ブラジャーらしくないブラジャー」だった!

先日、ちょっと良い感じのブラジャーを見つけました。

ブラジャーっぽくないブラジャー…と言えます。

カップ付きの下着のお腹部分をカットしたようなデザインになっています。

最大の良いところは、気持ち良いこと。

この”気持ち良い”って、下着にはすごく大事でありながらも、なかなか合格点のものが無いんです。このブラジャーは

不思議なくらいサラサラの触感です。

そして、縫い目がありません。

工場で筒状に織られた生地をカットして作られているんだと思います。

ちょっと腹巻にも似ていますね。

伸縮性に優れているので、肋骨に当たりにくい感じが良いです。

一般的なブラジャーは、下の部分が肋骨に食い込むのが不快で、とても長時間付けている気にはなれません。

息苦しいという声もたまに聞きます。

それから、内側に洗濯タグが無いこと。

これはすごくポイント高いです。

洗濯の表示は背中側の下部分に転写する形で印刷してあります。

説明書きをよく読んでいなかった私は、このブラジャーは心地よさ追求のために洗濯表示もやめたんだな~と思い込んでいたほどです。

ブラジャーに限らず、洗濯表示のタグはチクチク肌に当たってかゆく感じたことが何度もあります。

Tシャツのタグも、よくハサミで切り取りますが、その時丸く切り取らないと残った部分がまたチクチクするものです。

このブラジャーだと、服を着た時にくっきりとブラジャーのシルエットが浮かびにくいです。

ブラジャーに対する考え方は本当に人それぞれで、背中部分にはっきりとブラジャーの形が見えるのが普通だと思っている方もいます。

でも、私はどうしても気になるんです。

いや、はっきり言って本当はブラジャーというものにすごく拒否反応が昔からあるんです。

高校生の時に、制服から透けてみえるブラジャーを男子生徒にクスクス笑われたことがありました。

その日は、自分でもブラジャーが透けてるんじゃないか…と気になっていたんです。

ですから「やっぱり…」と思ったものです。

その頃から、”女性っぽくないブラジャー”は無いものか?とか、”してないように見えるブラジャー”は無いのか?とよく考えるようになりました。

形だけはそれに近いものはいくつかありました。

でも、機能や触感で満足がいかないものばかりが続いていたので、やっと念願がかなった思いです。

このブラジャーはGUNZEのKIREILABOのもので、伊藤由美子さんという文化・服装形態機能研究所の所長さんが監修しています。

服装解剖学から考案された設計ということで、下着を洋服の一部ととらえたデザインのようです。

私みたいに、「いかにもブラジャー」のデザインが苦手な女性にはおススメのさっぱりブラジャーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です